「げんちゃんマンガ」カテゴリーアーカイブ

さいごの一粒

 

きのうの動画で

げんがコロコロしていた

この青いボール・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お留守番の時は

コングにおやつを詰めたり

このボールに

カリカリゴハンを入れて

置いて出かけていたので

 

飼い主が出て行った後、

しばらくの時間

ひとりでコロコロして

楽しんでいたようです。

 

 

「そうよ♡

ひとりで楽しんだのよ。」

 

 

そして

帰ってくると・・・

こんなことが度々

ありました( ^ω^ )

 

 

帰宅すると

いつになく

めちゃめちゃ喜ぶ⬇︎

 

 

 

 

 

 

 

待ち構えたように・・・

おっかぁを

とあるところへ

いざなう・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

現場に到着すると

激しく訴えるげん( ̄▽ ̄;)

 

「あそこにハマっちまった!!

早よ取ってくれよっ!!

だいたい、おっかぁ

帰ってくんのが

遅いんだよっ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハマっちまったコロコロを

取ってみると・・・

中にはカリカリゴハンが・・・

一粒( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごい執着心 d(^_^o)

 

そして

その一粒を出してあげたら

もうおっかぁには

用はない・・・

( ̄▽ ̄;)

 

「まったく

どこほっつき歩いてんだか。

おかげで

えらい待ったじゃん。」

 

 ぶつぶつ

 

留守中の様子・・・

見てみたかったな♡

 

想像でしかないけれど

コロコロボールが

取れなくなった時は

お手手で必死に

チョイチョイしたのかな。

 

 

 

「なによ?

たった一粒のために

必死になったって

いいじゃん。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうね、

お米は最後の一粒まで d( ̄  ̄)

昔、そう言われました。

 

ポチぽちっと♡よろしくお願いします(o^^o)
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへにほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ

 

 

階段落ち

 

17歳過ぎまで・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本、2階への

登り降りは

自由にしていたげんでした。

 

17歳2ヶ月

階段禁止令⬇︎

 

「降りられないぞ〜い。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段って・・・

足腰の負担が大きいので

あまりよろしくないと

獣医さんに言われましたが・・・

 

結構な歳まで

階段フリー生活

d(^_^o)

でも、だんだん

抱っこで降ろしてもらおうと

希望するように・・・

 

 

「俺を抱っこしなさい。」

 

 

一方・・・

ワンコが年齢を重ねれば

飼い主も同じく

年齢を重ねているワケでして・・・

 

階段の登り降りは

むしろ

飼い主の膝の方が

怪しくなっておりました( ̄▽ ̄;)

 

しかもアナタd(^_^o)

6キロを抱っこして

降りる訳で・・・

 

「ばあや

早くしてぇ〜」

 

 

ある日のこと

げんを抱っこしながら

階段を降りていたら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私、ばあや・・・

足を踏み外して・・(T . T)

げんを抱いたまま

階段落ちぃ〜〜〜〜!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

げんは落とすわけには

いかない!!っと手を離す事なく

ケツで・・・

あ、いや

お尻ですべり落ち・・・

お尻で着地!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

げんは・・・

何事もなかったのように

私の手から

ぴょんと降りて

リビングに向かって

いきましたとさ

( ̄▽ ̄;)

 

お〜〜い!!

ケツ痛いんだけど〜〜

心配くらいしてよ〜〜!!

「Are you ok?」

 

 

 

 

 

「まったく・・・」

 

 

「俺の階段降りを・・・」

 

 

「見せたるわぁ〜〜」

 

 しゃっ!!

 

「ワンコたちはもちろん

ばあやたちも

気いつけてねぇ〜」

 

 

「だから

抱っこしてってば♡」

 

 

ヒザ、腰・・・

みなさま

お気をつけください( ´ ▽ ` )ノ

 

 それっ

 

ポチぽちっと♡よろしくお願いします(o^^o)
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへにほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ